« お疲れ気味 | トップページ | 夏場は順調でした♪ »

久々登場

Bluecrop

ひさびさの登場となった「ブルークロップ」の?年生ですが、順調に育っております。暖地でも強い日差しに当てなければ生き残ってイケるではないでしょうか?
今年の春からの品種なので、結論を出すには早い気もしますが順応性があるように思えます。
しばらくの間は、木の生長を優先させるので収穫したブツがお口に入るのは、ずいぶん先になりそうです(笑)


ちなみに、となりに写っているブツは苗取り完了のイチゴで、同じトレーに入っているブツは実生のイチゴです。種まきの方はどんなブツが出来るのか楽しみです。


話は元に戻りますが、「ブルークロップ」はコピー入らないのかもしれませんね?シュートはカットせずに伸ばせるだけのばそうかな?

|

« お疲れ気味 | トップページ | 夏場は順調でした♪ »

Blueberry@ノーザン」カテゴリの記事

コメント

我が家のブルークロップと同じくらいの大きさですね。
育てやすい品種らしいので、やさしく見守りたいと思います。
私も来年はまだお口に入れないつもりです。

投稿: ブルーマチス | 2007年9月12日 (水) 09時36分

ブルーマチスさん、こんばんわぁ!亀レスで申し訳ありません?

ブルークロップは順調に育っている感じです。手がかからないといいますか?ノーザンハイブッシュが初めてのヒトには良いかもと思っています。

投稿: 食いしん坊 | 2007年9月13日 (木) 00時39分

暖地でも暑過ぎるところに置かなければ、北部ハイブッシュも栽培可能ではないかと私も想うのですが、
ただ、実が成るかどうか?という面に関しては難しいかも知れません。

ものの本によると、サンシャインブルーなど一部の常緑性品種を除いたブルーベリーは全て落葉果実である為、休眠期があり、休眠打破には【一定期間低温に遭遇すること(低温要求量という)が必要で、低温要求量が満たされないと発芽不良や花芽不足などを招き、経済栽培が成り立たない。
種類、そして品種に応じた低温要求量が得られる栽培地域を選択する必要がある。
○種類別低温要求量
ブルーベリーの休眠打破に必要な低音要求量は、7.2℃以下の積算時間で示される。
・北部ハイブッシュと半樹高ハイブッシュ800~1200時間
・南部ハイブッシュで200~600時間
・ラビットアイで400~800時間
・ローブッシュでは1000時間
上記程度必要だが、同じ種類でも幅があるのは品種個々によって異なるからである。
よく確認したい。
_______
・・と上記のように記されています。
夏場は日陰で育っても、冷え込む時間量が足りないと健常な発芽や花芽が難しいと想われます。

従って、当地(神奈川西部)は寒い時間が短いので、北部ハイブッシュやローブッシュの低温要求量が満たされないかと思います。

如何想われますか?ご意見お聞かせ下さい。
もし、それが問題無いとなったら、私も、この暖地・神奈川県西部で北部ハイブッシュを育てたいのです。
憧れの北部ハイブッシュを(^・^)♪

投稿: うさ子 | 2007年9月17日 (月) 02時18分

うさこさん、コメントありがとうゴザイマス♪

まず、低温要求を満たすことは福岡に住むワタクシよりは可能性が高いと思います。当家の場合は、夏、冬ともに苦労しそうですね・・・(^^;;

今年から増えたノーザンハイブッシュなので、結論を出すには経験不足だと思います。ない知恵は絞って育ててみますが、高いハードルだと思ってます。

投稿: 食いしん坊 | 2007年9月17日 (月) 04時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446091/7903685

この記事へのトラックバック一覧です: 久々登場:

« お疲れ気味 | トップページ | 夏場は順調でした♪ »