« 遅刻気味の花芽 | トップページ | セルリー »

予備軍

Zenkei1

2008年05月02日に挿したミニトマトの脇芽ですが、しっかり根付いてくれて水耕栽培で予備軍として戦力になってくれそうです。
この方法で脇芽を挿してローテーションしていくと室内栽培で水耕栽の場合、かなり遅い時期までいけそうな気がします?

Ne

容器が小さいので、すぐに根であふれそうな気もしますが、永田農法ではありませんが、切っちゃえば良いかなとも思っております?

メモ
脇芽をヤシガラに挿し炭玉でマルチする。容器にセットして、1週間くらいは根元にジャブジャブ水をあげていた。2週間たった頃から、容器にEC値1.3くらいの溶液を入れて、本格的にスタートした。根が鉢から脱走して、ある程度の長さになったので、不織布を処分した。

目指したEC値 1.8
エアレーション あり(1~2時間/日)
気温17℃~27℃くらい

|

« 遅刻気味の花芽 | トップページ | セルリー »

Kitchen Garden」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

上の写真見て、不思議な光景だな、鉢がやけに浅いし、と思ったら、水耕栽培なんですね。納得です。
腋芽はそのまま使いますか?

投稿: かいづ | 2008年5月26日 (月) 21時40分

かいづさん、お晩です。
変な光景と私も写真見ながら思ってました。メインに据えている普通栽培のミニトマトは8号鉢で、それなりに深さがありますからね?

腋芽はそのまま使ってます。

投稿: 食いしん坊 | 2008年5月27日 (火) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446091/21165254

この記事へのトラックバック一覧です: 予備軍:

« 遅刻気味の花芽 | トップページ | セルリー »