« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

育苗中

今年の小苗取りは完全に失敗に終わりました。
「章姫」は、病気で全滅で、「とよのか」は水耕栽培でとった2株のみ、実生苗も多数取れていたのですが、病気で2株のみ残りました。これだけの失敗になったことはなかったので、かなりショックでした。

00

とりあえずは、順調に生長中です。
去年と同じく窓際栽培で行く予定、今年は花芽形成のために短日という条件だけは守ろうと思う。深夜まで起きていても、カバーをかけるなどをして暗い時間を長めにする方法だ。

メモ
去年の経験からイチゴは低ECで十分に生長することもわかっている。 所定の比率の処方から1号の比率を下げることを試してみようと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

図画工作?

お天気が不安定だというので室内作業決定、小学生並みの図画工作でゴザイマス(笑)
いつもの「やっつけ仕事」でもあります。

基本として容器は100円ショップで手に入る「クイックコンテナー」と「浅型万能トレー」を利用して栽培をしていきたいと思ってます。
栽培するものが「いちご」「ハーブ」が主なので、これくらいの大きさの容器で十分だという判断です。

90mmポットが2個入るバージョン

01

3個入るバージョン

02

3個入りバージョンは調子にのっただけで使い物にならないかも・・・汗
だって、植物は大きくなるのでハーブ類でも2個でもギュウギュウだったかも?

メモ
耐久性と消毒のこと考えて選んだ容器だけど、溶液の全量交換のときは便利だということもわかった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生長阻害要因

どうも、生長を阻害されている1年生の挿し木です。
害虫さんにシュートをやられるためにこうなっているわけですが、有効な対策手段は今のところないです。枯れることはないので放置してましたが、チョコチョコと策を試してみようかとも思ってます。

Step

写真があった方がイメージしやすいと思い載せてみました。右側から1回目、2回目、3回目といった感じです。

今までに試したことは、
木酢液とタバスコの混合液をやっていたのですが、あまり効果が認められませんでした。

とりあえず、

この株ではありませんが、ネットをかぶせたブツがありますので経過を観察したいと思ってます。

メモ
挿し木や株のお話ではなく、害虫記録になりつつある夏の陣だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花芽

生長は著しい赤ラズベリーでしたが、秋に2回目の花がどれくらい付くのかを楽しみにしておりました。いろんなBLOGを巡回してみると、そろそろ蕾になっている写真などを見つけてはうらやましいなと思っておりました。

Raz

やっと、当家でも発見できました。
まだ、この1箇所だけですが嬉しいです。この調子で、生長してくれることを期待してます。

メモ

朝のパトロールでティフブルーに付いた「イラガ」を葉ごと処分、5枚程度なので楽チンだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お礼肥

忙しさとサボりの影響で、気が付けば8月も下旬となっております!?相変わらず、水遣りだけはサボらずにおりますが、管理が行き届いていない感じかな?スマートメディアも買ってきてないし・・・

あんまり、サボっていると不安になることもあるので、朝からとっくに収穫を終えている「ウッダート」と僅かながら収穫の残っている「ティフブルー」などのラビットアイにお礼肥をあげておきました。

ちなみに

なんの変化もなく、ご愛用品の骨粉資質入りの発酵油粕です。

メモ
害虫が増えている感じがする。とうとう、挿し木にも虫さんが登場してしまった。根付いたブツの0年生についたことはあったけど、根付いてもいないブツに虫がついたのは初めてだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シャロン ジャイアント (パンジー)種まき

今年中に植えつけられるだけのパンジーの苗を作りたいと思い、検索したところ、保冷剤と発砲スチロールを使って気温の高い時期から苗作りをしているという文章をみつけました。ちょっと混乱する内容も見つかりましたが、楽天家のワタクシとしては、都合の良いところだけをピックアップして、種まきをすることにしました。気象台で適温の時期を調べると10月になってしまいそうなので、年内に間に合いそうにありません。

材料は「発砲スチロール箱」「クイックコンテナー」「保冷剤」といったところです。
培地は、「ココピート」水で増えるタイプの用土を利用しました。

チーム分けして、クイックコンテナーチームは種まきの後にバーミキュライトでふたをしました。スチロールチームは、種子を置いただけにしました。

パンジー系の発芽には20℃くらいが最適なようなので、保冷剤を容器に同居させて温度を下げました。
もちろん、手間をかけられるのは週末だけなので8月8日(金)の夜から始めました。寝る前に保冷剤を取り替えて、朝に目覚めてから交換しました。日中は3時間ごとに保冷剤を交換しました。この作業を8月11日(月)の朝まで続けました。温度は、きっちり20℃とはいきませんでしたが、22℃くらいをキープできました。
11日から14日までの間は、朝に保冷剤を入れて帰宅までは放置でした。もしかしたら、失敗したかもと思い始めた8月14日に発芽を確認しました。

22

徒長してしまっていますが、何とか発芽させることができました。(クイックコンテナーチーム)

11

どうにか発芽って感じですね(スチロールチーム)

現在のところ
スチロールチームが7/9
クイックコンテナーチームが6/12
種子自体が1年前のもので、少し、心配しましたが、まずまずの成績でした。クイックコンテナーチームは、ちょっと遅れている感じもするのでこれからも発芽してくるかもしれません?

メモ
かなり手間がかかったけど、どうにか発芽まで持っていった感じ?やはり、毎年だと大変だと感じるかな?季節が変わってからの種まきが無難と感じた。これだけやって、育苗中に枯らしたりしたら、ショックが大きいぞ!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

残念

本日の記事は写真無しです。
撮影はしたのですが、スマートメディアが認識できなくなりました。まぁ、6年以上働いて頂いたので文句はありません。

赤ラズ君の様子ですが、10日ほど前までは心配しておりました。理由は、少しばっかり、ハダニが出はじめていたからです。

しかーし、

ゲリラ豪雨から、流れが変わり、夕立やにわか雨が多くなりました。それに加え、風の強いことも、しばしば、ありました。しかも、昨日はかなりの豪雨でしたし、夜中にもたっぷり降ってくれたおかげで、心配事だった「ハダニ君」も激減している感じです。
自然まかせのラッキーですが、効果があれば良いのです♪

メモ
ある程度の期間、葉裏などをシャワーで流さないといけないかなと思っていただけに、自然の力に感謝。結果オーライとはいえ、ハダニはついたので風通しが良くなるように誘引だけはしておいた。黄ラズは葉がボロボロに食害されているが、こちらは可愛らしいバッタさんの仕業だ。

ひなはるさんところは、立秋に花芽が見つかったようだが、当家ではどの色のラズに見つからなかった。どの株も元気にはしているので、気長に待つだけかも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近況とか?

ゲリラ豪雨と呼ばれる雨などから、数日が経過しましたが、にわか雨とか夕立などのおかげで、水遣りから開放されている数日です。当家では、庭の真ん中に洗面器が放置してあります。これに、どの程度水が溜まっているかで不在時の雨の量がわかるので、原始的な方法ですが重宝してます。忘れずに、溜まった雨水を睡蓮鉢に移さなくてはいけませんけどね!

雨が降って助かっているだけなら嬉しいのですが、

風が強かったりで、鉢が転んでマルチをばら撒き、
朝からお片づけだったりします(ー。ー)フゥ

ボチボチ、害虫さんたちも増えてきたりしております。
本日は、「イラガ」君のついた葉を処分しました。小さい時は、集団をつくりかたまっていることが多いので早期発見すれば、対処しやすくもありますね。小さいからといって、なめてかかると痛い目にあうのが、「イラガ」の特徴でもありますね。
刺されると痛いですし、成長して大きくなると丸坊主なんてこともあります。

100円ショップから虫取り網を購入してきて、週末、蝶とか蛾を捕獲してみました。結果は、三種類しか取れませんでした。

しかも、昼間に取れたのは「シジミチョウ」のようなブツだけでした。公開はしませんが、写真を撮って開放しました。
蛾の仲間と思われるブツは2固体で、茶色っぽい色したものでした。噂では、ブルーベリーのシュートを駄目にしてしまうスガ系統の蛾は、白っぽいと聞いていたので、誤認逮捕かなとも思ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こぼれネタ

窓際で水耕栽培をしているのですが、上手く発芽しなかったり、育ちが良すぎてネタにする前に収穫を迎えたりしているブツもあります。

最短のブツは「葉大根」でした。
これって、写真すら残っておりません。生長に時間がかかったのは、「ミニセルリ」だったり、はさみを持って切りまくっているのが「バジル」だったりします。基本的に「DTF」なので、エアレーションのぶくぶくを増やそうかと思ってます。
どうも、エアレーションがあった方が調子が良い感じがするので・・・?

Ml1

これも、こぼれているネタで「メロン」です。
初めての挑戦なので、上手くいくか未知数です?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭が痛いこと

ブルーベリー栽培だけの環境を脱皮して、「ベリーズらいふ」というのに憧れて2005年より「ラズベリー」「ストロベリー」などが仲間入りしたのですが、多種の植物を育てるとそれに見合った(それを好む)虫さん達がやってきます。

病気の場合や薬剤がないと育てるのが難しい場合をのぞき、薬剤の使用は出来るだけ控えております。虫さんの場合は、テデトールや箸でトールなどで対処できる場合も多いからでした。

しかーし、

2008年07月26日 順調な様子のシュート

Mae

2008年8月3日、気分がブルーになる状態

Ato

どうにかしたいと思いながらも有効な策がなく、夜間に虫取り網を持って出没してやろうかと思うくらいです(怒)

ただ、親らしい固体が飛んでいるのを見たこともなく、卵も見たことないし・・・汗

ワタクシの場合は、蝶なのか?蛾なのかも?
それすら、判別がつきません?

今のところ、親をとっ捕まえるのが早道だろうと思ってます@ウマシカ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チビ達も、サイズアップ!?

初夏の日差しがきつくなって来た頃に、発根を確認してポットのサイズを上げようと思っていた2008年の休眠挿し木のチビ達です。
約1ヶ月前にポットのサイズを上げようと根のコンディションを確認したのですが、片側は根がびっしりだったのに、反対側は2割程度しか根が回ってませんでした。そういうわけで、本日までサイズアップを延期しておりました。

本日のコンディションは、写真を撮り忘れましたが、びっしりの側の5割程度にはなっていたので、サイズアップしました。

2008年7月5日 約1ヶ月前の様子

本日の作業終了の様子

011

021

ちなみに
チビさん達の樹高は18cmくらいのものばかりです。オニール4鉢にホームベルが2鉢といった内容でした。

メモ
7.5cmから10.5cmへのサイズアップだったけど、多少ばかり、用土が入りずらいところなどもあり、手こずった。今月の下旬で挿し木6ヶ月だけど、まぁまぁの生長ではと思っている。

用土
ピートモス60% 鹿沼土10% パーライト10% CoCoファイバー20%

| | コメント (4) | トラックバック (0)

挿し木を鉢増し

1年生になっている「スパータン」をサイズアップしました。もともと、「クリスマスローズ」のポットをサイズアップしようと作業をしていたので、やっつけ仕事になってます。

2008年のスパルタンの生長記録はこんな感じです。

2008年04月16日の様子

2008年06月05日の様子

2008年08月02日の様子
樹高が約50cmくらいです。

00

恒例の根張りチェックです。
1日2回の水遣りでも水切れをしている日もありましたから、期待どおりでした。

01

軽く根鉢をシャワーで崩して、ちょこっとサイズアップです。
本当は2号ほど上げたかったのですが、計画性のないやっつけ仕事だったのでポットがありませんでした。120mmから135mmへのサイズアップなので効果のほどは自己満足程度かもしれません?

031

どうにか、生長しているようなのでこのままの調子を維持してくれればと思ってます。

メモ
1年以上ぶりの鉢増し作業となった、調子の悪かった1鉢は根がまわりきっていなかったので鉢増しは無し。前回が7.5cmから12cmへのサイズアップだったので、油断していた。猛暑は続くようだから、水切れが止まってくれると嬉しい。

用土
ピートモス60% 鹿沼土10% パーライト10% CoCoファイバー20%

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »