« 残念 | トップページ | お礼肥 »

シャロン ジャイアント (パンジー)種まき

今年中に植えつけられるだけのパンジーの苗を作りたいと思い、検索したところ、保冷剤と発砲スチロールを使って気温の高い時期から苗作りをしているという文章をみつけました。ちょっと混乱する内容も見つかりましたが、楽天家のワタクシとしては、都合の良いところだけをピックアップして、種まきをすることにしました。気象台で適温の時期を調べると10月になってしまいそうなので、年内に間に合いそうにありません。

材料は「発砲スチロール箱」「クイックコンテナー」「保冷剤」といったところです。
培地は、「ココピート」水で増えるタイプの用土を利用しました。

チーム分けして、クイックコンテナーチームは種まきの後にバーミキュライトでふたをしました。スチロールチームは、種子を置いただけにしました。

パンジー系の発芽には20℃くらいが最適なようなので、保冷剤を容器に同居させて温度を下げました。
もちろん、手間をかけられるのは週末だけなので8月8日(金)の夜から始めました。寝る前に保冷剤を取り替えて、朝に目覚めてから交換しました。日中は3時間ごとに保冷剤を交換しました。この作業を8月11日(月)の朝まで続けました。温度は、きっちり20℃とはいきませんでしたが、22℃くらいをキープできました。
11日から14日までの間は、朝に保冷剤を入れて帰宅までは放置でした。もしかしたら、失敗したかもと思い始めた8月14日に発芽を確認しました。

22

徒長してしまっていますが、何とか発芽させることができました。(クイックコンテナーチーム)

11

どうにか発芽って感じですね(スチロールチーム)

現在のところ
スチロールチームが7/9
クイックコンテナーチームが6/12
種子自体が1年前のもので、少し、心配しましたが、まずまずの成績でした。クイックコンテナーチームは、ちょっと遅れている感じもするのでこれからも発芽してくるかもしれません?

メモ
かなり手間がかかったけど、どうにか発芽まで持っていった感じ?やはり、毎年だと大変だと感じるかな?季節が変わってからの種まきが無難と感じた。これだけやって、育苗中に枯らしたりしたら、ショックが大きいぞ!?

|

« 残念 | トップページ | お礼肥 »

ガーデニング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パンジー、発芽してますね!
我が家では昨日からビオラを始めました。半年以上も冷蔵庫に入れっぱなしでしたよ、忘れるところでした。キッチンペーパーの上で発芽させて、移植させる作戦です。小さくて、目がしばしばしますが。。。

投稿: かいづ | 2008年8月18日 (月) 23時02分

かいづさん、こんばんわw

かいづさんのところもビオラの種まき開始ですか?記事を楽しみにしてます。

フリルがはいっているパンジーがお気に入りで、タキイの「オルキ ブルーシェード」を探したのですが、ホームセンターとナーセリーともに取り寄せになるとのことでした。「ポチッ」とするかお悩み中です。

投稿: 食いしん坊 | 2008年8月19日 (火) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/446091/23052439

この記事へのトラックバック一覧です: シャロン ジャイアント (パンジー)種まき:

« 残念 | トップページ | お礼肥 »